ホーム > コミュニケーション能力診断 > ストレス診断 >

ストレスの負荷をチェック!メンタルヘルスの新しい制度にも対応していきましょう!

ストレス,チェック,制度


ストレス診断結果
  • あなたのストレス状況 】

     

    ストレス環境数値 :

    ストレス状態数値 :

     


     

    高ストレス環境 : 200以上

    中ストレス環境 : 100〜200

    低ストレス環境 : 100以下

     

    高ストレス状態 : 52以上

    中ストレス状態 : 42〜51

    低ストレス状態 : 41以下


    診断日:


この結果ページのURL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



総合評価

●仕事について

  あなたは中程度のストレス環境にいますが、心理的にはほとんどストレスがない状態です。ストレスへの対処力があると言えそうです。

ただし、ストレス状態が、長く続いたりすると、精神的疲労や、抑うつ状態になるとされています。予防としてストレスコーピングスキルを身に着けることをお勧めします。

*参考トレーニング
ストレスの基礎


① 環境の改善について

  中程度のストレス環境にいますが、あなた自身は、ストレスをあまり感じていない状況です。

ストレスは必ずしも「悪」ではなく適度なストレスであれば「良い刺激」になることもあります。

例えば納期がある仕事はプレッシャーもありますが終わったあとの達成感もあるでしょう。あなたの場合はストレスが、前向きなものとしてとらえられていると言えそうです。

今後ですが、過剰な仕事を抱え込んでしまったりして、精神的に追い込まれ不眠に繋がってしまっているような状態は悪いストレスといってもいいかもしれません。

現状では問題はありませんが、もし今後ストレスを強く感じたら注意しましょう。


② 心理の改善について

心理的にはストレスへの対処力がある状況です。物事を柔軟に考え、前向きに考えることができているでしょう。

ただし、今後の予防のためにもストレスをうまく処理するスキルを学習することをお勧めします。

ストレスを貯めやすい方は、
・完全主義
・すべき思考
・白黒思考
・過度の自責

という心理的な癖を持っています。様々な角度から物事を捉え、感情をコントロールできるようになると、ストレスの軽減につながります。

認知行動療法などが代表的な手法です。ストレス対処法について基本的な知識を学ぶことをお勧めします。


③ ソーシャルスキルの改善について

様々な統計で会話力の欠如がストレスに繋がることが多いことがわかってきています。日常のストレスの多くは人間関係からはじまります。

傾聴する技術や話す練習を重ねると、人間関係が暖かくなり、心理的に楽になります。会話をする力をつけると良いでしょう。

傾聴トレーニング
発話トレーニング


④ ストレス予防を学びたい方へ

・コミュニケーション講座
ストレスとうまく付き合えるようになるために、専門の講座も開催しています。土日を中心に現在100人以上の生徒さんが受講しています。


コミュニケーション講座はこちらです

・医療機関
ストレスがかなり強く、2週間以上、睡眠が乱れていて、イライラが続く、また定期的に死にたいと思うような状況がある場合は心の専門家を訪ねてみましょう。無理せず心療内科や精神科での治療も視野に入れてください。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

診断をご利用頂きありがとうございました!

また、コラムだけでなく、実際に心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせを クリックして頂けると幸いです。
私たちが主催しているコミュニケーション講座です。
年間1000人の方が楽しくご参加されています。

コミュニケーション講座のバナー

ストレス状態をチェックする。新しい制度にも対応してメンタルヘルスを強化しましょう!結果で簡単な対処法も紹介します!