ホーム > 心理テスト性格無料診断
>

ビックファイブ性格診断


ビックファイブ性格診断

人間の性格は様々なものがありますが、「外向性」「情緒安定」「開放性」「勤勉性」「協調性」この5つが一番大きな意味を持つことが心理統計的に確かめられています。

ビックファイブ性格特性診断では、どの特性が高いor低いのか、それが普段のコミュニケーションの中でどう反映されているか、などを学術的な尺度で診断していきます。

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

BigFive(ビッグファイブ)理論とは?

みなさんはじめまして!臨床心理士の道又です。

皆さんは性格について、学術的な尺度で分析をしたことはありますでしょうか?占いや血液型診断ならしたことがある!という方は多いかもしれません。しかし、統計的に確かめられた尺度で診断をしたことがある方は少ないのではないでしょうか。

ビックファイブは人間の基本的な性格特性を表すものとして、統計的な検証がなされた指標です。世界中の心理学に関する論文で使われる、信頼性が高い指標となります。人間の性格は様々なものがありますが、この5つが一番大きな意味を持つことが心理統計的に確かめられてきました。

ビックファイブ性格診断 イメージ図1


5つの特性とは

5つの特性とは、「外向性」「情緒安定性」[開放性]「勤勉性」「協調性」です。

外向性・・・人とのコミュニケーションに対する積極性を表します。

情緒安定性・・・他者とのやり取りの中での傷つきやすさ、気持ちの安定性や物事への態度などを表します。

開放性・・・どれくらい、新しいことに対してオープンかを示したり、想像力の程度などを表します。

誠実性・・・周囲の人や、物事に対する責任感や計画性がどの程度か、などを表します。

調和性・・・周囲に同調したり従ったりすることができるかなどを表します。

ビックファイブ性格診断 イメージ図2


診断で分かること

この5つの特性は、どんな人も持っている性格の基本となる部分ですが、高い・低いは人によってバラバラです。ビックファイブ性格特性診断においては、どの特性が高いor低いかをまず診断します。また、性格傾向によってもたらされる、コミュニケーションの長所や注意点などもお伝えします。

注意点を挙げるとすると、高いから良い、低いから悪いということではありません。人間の社会はそれぞれ個性があるからこそ豊かになりますし、面白いのです。

ただし、現在自分自身の在り方に問題があるな・・・と感じた場合は1つのヒントとして当診断を試してみると良いかもしれません。自分の強みは伸ばして、苦手なところは改善してみる。これからのコミュニケションライフがより生き生きしたものとなるよう、活用して頂けると幸いです。

ビックファイブ性格診断 イメージ図3

ビックファイブ性格診断タイトル


以下の質問について、「あてはまる」「どちらでもない」「あてはまらない」の3つのどれかをご選択ください。


  •  

  • あてはまる
  • どちらでもない
  • あてはまらない
  • 会話をすることが好きだ
  • にぎやかなことが好きだ
  • 元気がよく活発である
  • 心配することは少ない方だ
  • 傷つくことが少ない
  • 緊張しないほうだ
  • 想像力が豊かだ
  • 臨機応変に対応できる方だ
  • 好奇心旺盛である
  • 計画性がある
  • 課題に一生懸命取り組む
  • ルールや約束を守る
  • 相手の立場に立って考える
  • 人と協力して物事に取り組む
  • 自分の気持ちを伝える

お疲れさまでした! それでは結果を見てみましょう!

チェックされていない項目があります。

*注意事項

  • 当診断はビックファイブの入門として尺度が簡略化されています
  • あくまで参考程度となります
  • 概要として御活用ください
  • 当診断は精神疾患の判別を行うものではありません

ビックファイブ性格診断
  • 外向性67
    情緒安定性89
    開放性100
    誠実性78
    調和性56

    診断日: 2019年03月05日 16時19分



この診断を友達に伝える

https://commutest.com/bigfive/URLをコピー


あなたの診断結果

https://commutest.com/bigfive/Bg33b746d9b88e52579b5b824fc712b1df.htmlURLをコピー



外向性 67点
 平均値66.9点
 187,551人中80,936位

*長所
外向性は中程度です。社会人として日常生活に困ることなく、人と健康的に接することができます。友人も適度にいて比較的穏やかな関係を築いている方が多いのではないでしょうか。騒ぎすぎず、かといって控えめすぎず、適度な会話を楽しむことができると言えそうです。

*注意点
会話力は伸びしろがある状態です。社交性は孤独感や対人不安とつながりがあります。スキルが低下した場合はこれらのリスクが出てきます。もう少し会話力をつけたい場合は、ソーシャルスキルトレーニングを行うと良いでしょう。傾聴力や発話力の向上をすると、よりよいコミュニケーションが可能になると言えそうです。

推奨コラム・お勧め講座
傾聴コラム
人間関係講座


 

情緒安定性 89点
 平均値75.1点
 187,551人中58,681位

*長所
情緒安定性は高い傾向にあります。大学生を対象にした、感情とストレス反応の関係を調査した(浅野ら,2008)研究結果によると、情緒安定性が高いと、ストレス反応が低く、ネガティブ感情も低い傾向が分かっています。いつも穏やかで気持ちが安定している事が多く、何事にも落ち着いて行動することができます。慌てる場面が少ないのではないでしょうか。重大な問題がある場面でも冷静に臨機応変に対応ができるので、頼られることも多いでしょう。

*注意点
情緒安定性が高い場合は、共感性がやや低い傾向にあります。情緒が安定しているということは、ある意味で冷静すぎて、周りの感情の細かい変化に鈍感な面もあります。共感性が求められる場面などでは自分の特性に注意しましょう。

推奨コラム・お勧め講座
共感コラム
人間関係講座(傾聴編が特におすすめ)


 

開放性 100点
 平均値77.3点
 187,551人中1位

*長所
開放性は高い傾向にあります。新しいコトやモノを好む方が多く、何事にもチャレンジ精神旺盛で自発的に取り組む傾向にあります。イマジネーションや発想力がとても豊かで、周囲からは「センスが良い人」と思われているかもしれません。色々な人と関わったり、アイデアを求められる職業・ポジションで、さらにセンスを磨くとよいかもしれません。知的好奇心が強いので、新しいプロジェクトや企画を立てることにも長けていると言えます。

*注意点
大学生242名を対象に、有能感とビッグ5との関連を調べた研究(鈴木,2010)では、開放性が高い方は他者を軽視する傾向があることが分かりました。開放性が高い場合、知らず知らずのうちに、相手を見下すような発言をしていないか?協調性をしっかり持っているか?一度振り返ってみましょう。

推奨コラム・お勧め講座
協調性コラム
人間関係講座(傾聴編が特におすすめ)


 

誠実性 78点
 平均値75.8点
 187,551人中74,963位

*長所
誠実性が高い傾向にあります。計画的にコツコツと物事に取り組むことが上手な方が多いでしょう。引き受けたことをやり遂げる粘り強さがあります。また、自分の発言や言動に対する責任感が強いという特徴もあります。エンジニアや訓練士、医療職や公務員など、責任感が求められる職業に向いているかもしれません。

アメリカのアイオワ大学の研究(ジャッジら,1999)によると、児童・青年・中年期それぞれの世代に渡ってビッグ5における特性を調査したところ、誠実性の高い人は「仕事への満足感」といった本質的な面や、「職業的地位」といった外的な面、どちらも高い傾向にあることがわかりました。お仕事への満足も高い方が多いようです。

*注意点
責任感が強いあまり、仕事を任されることが多いかもしれません。「~すべき」という気持ちは仕事だけに限定するなどバランスを取るようにしましょう。

推奨コラム・お勧め講座
自責の念コラム
完璧主義コラム
心理学講座(アサーションがおすすめ)


 

調和性 56点
 平均値75.1点
 187,551人中144,646位

*長所
調和性としては中程度となります。他者に対する思いやりを平均的に持っています。自分の意見を譲歩し、相手に合わせることができます。基本的には穏やかで、人間関係のトラブルは少ない方です。また合わせるだけではなく、適度に主張できる方も多く、付き合いやすく良い人と思われている可能性が高いです。

大学生246名を対象に、ビッグ5と「メタ認知(自分を深く分析する力)」との関連を調べた研究結果(天谷ら,2009)によると、調和性が高い人は、メタ認知も高いことが分かりました。すなわち調和性が高い人は自分をしっかり理解し、相手との関係性を築く力が高いと言えます。

*注意点
日常生活では問題ないレベルですが、もし調和性をもう少し高めたい場合は、ソーシャルスキルトレーニング、アサーショントレーニングなどがお勧めです。

推奨コラム・お勧め講座
ソーシャルスキルトレーニングコラム
アサーショントレーニングコラム
人間関係講座(傾聴編が特におすすめ)


診断をご利用頂きありがとうございました!

また、コラムだけでなく、実際に心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせを クリックして頂けると幸いです。
私たちが主催しているコミュニケーション講座です。
年間1000人の方が楽しくご参加されています。

コミュニケーション講座のバナー


参考文献
・出典一覧
1 玉瀬耕治・岩室暖佳(2004)「関係性の維持と個の主張に関わる問題-『甘え』とアサーションを指標として-」
奈良教育大学学校教育講座(発達心理学)pp.39-44.

2 谷伊織 ・天谷祐子(2009)「性格特性の5 因子と共感性および孤独感の関連」
日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集 (18) pp.132-133.

3 谷伊織 ・天谷祐子(2009)「性格特性の5 因子と変化動機・メタ認知の関連」
日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集 (18) pp.134-135.

4 堂坂更夜香(2016)「アドラー心理学におけるライフスタイル診断シートの開発とビッグファイブ性格特性との関連性」
早稲田大学人間科学学術院 人間科学研究 29(1)p.107.

5 谷伊織 ・天谷祐子(2011)「5因子性格特性と自己愛的甘え,ユーモア態度との関連」
日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集 (20) p.42.

6 浅野壮志・小田島 裕美・宮 聡美・阿久津 洋巳(2008)「性格5因子とポジティブ・ネガティブ感情,ストレス反応,対人不安の関 連」
岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要 (7)pp.116-128.

7 鈴木有美(2010)「『他人を見下す若者たち』の性格的特徴」
瀬木学園紀要,愛知みずほ大学 (4), 6 pp.68-70.

8 庄司正実(2007)「企業従業員の健康度自己評価:心身症状および健康指標との関連」
目白大学心理学研究pp.14-22.

9 村上 宣寛・村上 千恵子 (1999)「主要5 因子性格検査の世代別標準化」
性格心理学研究 8(1), pp32-42.


参考文献
Gough,H.G.,&Heilvrun,1983 The adjective check list mannual. 1983ed. palo Alto,C.A.

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

 

当サイトはリンクフリーです


ビックファイブ性格特性診断の注意事項
・当診断はビックファイブの入門として尺度が簡略化されています
・精度としてはあくまで参考程度となります
・概要として抑える程度として御活用ください
・当診断は精神疾患などの判別を行うものではありません


「心理テスト性格無料診断」の
他の心理テストを受ける
コミュニケーション能力診断エゴグラム性格診断
ストレス診断社会不安障害診断