ホーム > 心理テスト性格無料診断
>

社会不安障害診断


社会不安障害 対人恐怖症 SAD イメージ

SADとは社会不安障害(Social Anxiety Disorder)のこと。
日本では以前から対人恐怖症とも言われます。
人前に立つことや、上司と話すこと、 会食することなど、
他者と関わることにどの程度の不安を覚えるか診断します。
心療内科や精神科で使用されるリーボビッツの社会不安評価尺度
“LSAS-J”による自己診断をしてみよう!

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

社会不安障害診断(SAD診断)をやってみよう!

対人関係における心理状態を把握する上では
社会不安障害について検査することが一般的です。
社会不安障害は、日本では以前から 対人恐怖症とも言われます。
具体的には人前に立つことや、上司と話すこと、 会食することなど、人間と関わることに強い不安を覚え、それにより日常生活が困難に なる症状を意味します。
この社会不安障害の評価尺度としては心療内科や精神科で使用される LSAS-Jによる検査が一般的です。
ここではLSAS-Jを使って社会不安障害の自己判断をしてみましょう。

社会不安障害 対人恐怖症 SAD イメージ2



*社会不安障害診断の注意点とリスク

社会不安障害診断を含む心理テストには、自分の症状を把握することで、精神的ショックを覚えるというリスクがつきまといます。
もし社会不安障害診断でテストをすること自体に不安を覚える場合は、精神的に余裕があるときに実施しましょう。
このテストはあくまでも自己判断です。
症状の診断は最終的には専門家の判断によります。
社会不安障害診断での結果に不安を覚える場合は心療内科や、精神科で必ず相談してください。

*社会不安障害診断の仕方

社会不安障害診断では各設問に対して
1 恐怖感/不安感を感じるか、感じないか
2 実際に回避するか、しないか
をお答えください。

社会不安障害 対人恐怖症 SAD イメージ3



*社会不安障害診断での「実際に回避をするか」の意味は?

例えば人前で電話をかけるのが嫌だったときに、実際にその場面を避けている時は回避をしていることになります。しかし、気持ちは嫌でも、実際のところはなんとか電話をかけている場合は回避をしていないことになります。
(尚、SADチェックシートはあくまで参考としてご利用ください。病名の診断を行うものではありません)

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

 

当サイトはリンクフリーです



社会不安障害診断(SAD診断)の注意
*医療行為ではありません 
*診断結果は絶対的なものではありません。
 あくまで参考としてお使いください
*診断結果に対するアドバイスには学術的な論拠を大事にしつつ、ある程度は筆者の主観が入っています


「心理テスト性格無料診断」の
他の心理テストを受ける
コミュニケーション能力診断エゴグラム性格診断
ストレス診断自己肯定感・他者肯定感診断