ホーム > 心理テスト性格無料診断
>

コミュニケーション能力診断


コミュニケーション能力診断

コミュニケーション能力診断は「心理テスト性格無料診断」の
軸となる心理テストです。あなたの性格やメンタルヘルスの状況、傾聴力、
発話力、ビジネススキルからコミュニケーション能力を測定します。
この心理テストを現在のコミュニケーション能力やその改善方法の把握、
トレーニング後の変化の把握に役立てていただけると幸いです。

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

コミュニケーション能力診断で測ることができる項目

【 環境・努力指数 】

コミュニケーション能力を向上させるには練習体制を整え、人と接する機会を増やす必要があります。
環境指数ではコミュニケーション能力を向上させる環境や努力が
整備されているかを測定することができます。

【 メンタルヘルス 】

コミュニケーション能力はメンタルヘルスと深いつながりがあります。そこで当尺度では、孤独感、対人不安について測定できるようにしました。メンタルヘルスについては一般的に改善は緩やかで短期的には落ちることも想定されます。長い目で見て、右肩上がりになっていればOKぐらいの気持ちでゆったりと考えてください。

・思考の歪み・・・マイナス感情を生み出しやすい思考の歪みを測定できます
・孤独感 ・・・コミュニケーション能力と関係が深い孤独感を測定できます
・対人不安・・・コミュニケーション能力と関係が深い対人不安を測定できます

【 人間関係構築力 】

人間関係に関するスキルは練習で身につきやすい分野になります。ぜひ練習をたくさん行いましょう。特に講座だけでは効果に限界があるので、宿題をしっかりとやることと、プライベートの人間関係を使って何度もチャレンジしてみてください。

・傾聴力 ・・・会話は、傾聴と発話の2方向からなります どれぐらい聴く力があるかを測定します

・発話力 ・・・会話は、傾聴と発話の2方向からなります どれぐらい話す力があるかを測定します

・非言語力 ・・・ 印象形成においては笑顔や声の抑揚などの非言語力が重要です  
          当尺度で非言語力がどれぐらい必要かを測定しましょう

【社会人基礎力】

社会人基礎力も練習で身につきやすい分野になります。講座では何度もプレゼンやスピーチの練習を行っていきますので、徐々に慣れてくるでしょう。一般的に練習と正比例してスキルが増加していくと考えられます。努力が実りやすい分野ですのでしっかり練習していきましょう。

・論理性・説明力 ・・・考えをまとめ、他人が理解できるように話せているかを測定します

・説得力・交渉力 ・・・相手の興味を引くように話ができているかを測定します
       
・人前に立つ力 ・・・社会人になると人前で話す機会が増えてきます
           どれぐらい人前で話す力があるかを測定できます

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

 

コミュニケーション能力診断の尺度作成に関する詳しい説明

(興味のある方はご一読ください)

コミュニケーション能力とは何か?

本尺度は、コミュニケーションに関するトレーニングについての効果を把握することを目的としています。どのようなプロセスで尺度を作成したか、一読頂けると幸いです。

コミュニケーション能力は非常にあいまいな言葉です。学者の間でもかなり定義が割れています。例えば、有名な理論としてはシャノンとウィバー(1949)のコミュニケーションモデルがあります。シャノンとウィバーによればコミュニケーションは、

 

① 発信者 ・・・情報を発信する主体
② 送信機 ・・・記号化(言語もしくは非言語の情報)された情報を発信するスタート地点 例)電話発信機 郵便ポスト

③ チャンネル ・・・情報が移動する手段  例) 電話回線 郵便配達網

④ 受信機   ・・・情報を受け取る媒体  例) 受話器 郵便受け

⑤ 受信者   ・・・情報を受け取り理解する

⑥ ノイズ   ・・・いずれかのプロセスで情報の伝達を阻害するもの  例) 騒音、電波が不安定など

 

の6つのプロセスからなると主張しています。

また、大城賢(2008)はコミュニケーション能力とは、

 

① 文法能力(正しく文章を作れるか)
② 社会言語学習能力(場面に応じたふさわしい言い回しができるか)
③ 談話能力(意味のある話を作り、構成ができるか)
④ 方略的能力(言葉では伝えきれないことを非言語や近い言葉を使って表現できるか)

 

の4つに分類しています。

近接した概念としては、アーガイル(Argyle,1981)が提唱したソーシャルスキルや経済産業省が規定している社会人基礎力も近い概念だと言えます。挙げるとキリがないですがコミュニケーションに関する議論はかなり広く、学術的にはあまり発展していない分野だと言えます。理由としては以下の3点が挙げられます。

 

ⅰ.懐が深すぎるコミュニケーションの概念

コミュニケーションという単語は極めてあいまいで、定義が安定していないが故に、様々な場面で便利に使えます。例えば、会話が苦手なAさん、プレゼンが苦手なB君、恋愛が苦手なCさんは全て「コミュニケーションが苦手」で共通して表すことができます。概念が広すぎるために、玉虫色な言葉と言えます。言うなれば部分の研究はあれど、全体像を俯瞰するような研究は広すぎて自然科学的にはとても難しいのです。

そのため閉鎖的で因果関係がはっきりと求められる学術の世界は研究対象とする方が少ないようです。学術的には、コミュニケーションの下位概念である、「ソーシャルスキル」「アサーション力」「非言語」「言語コミュニケーション」「非言語コミュニケーション」などでは研究が盛んです。しかし、全体を統合した研究はほとんど見当たりません。


ⅱ.価値が変化する

「何が優れたコミュニケーションなのか?」は時代や目的によって全く変わってきます。そのため定義が安定しません。たとえば「りんご」は100年後も今と変わらないと思いますが、「コミュニケーション能力」は100年後に今の意味と変わってきているでしょう。そのため、一時的に尺度を作成したとしても数年単位でアップデートしなくてはならないという問題があります。

 

ⅲ.測定の難しさ

コミュニケーション能力という概念が曖昧である以上、尺度もぶれやすく、正確な尺度の作成が極めて難しいと言えます。そのため、現状としては総合的なコミュニケーション能力を測る尺度は存在しません。近接概念であるソーシャルスキルや主張性などの細かいスキルを測る尺度、もしくは目的を絞ったコミュニケーションスキルを測定するにとどまっているのです。

 

コミュ力は3つの視点から捉える

このようにコミュニケーションに関する尺度を作成するにはとても難しいと言えます。しかし、「コミュニケーション能力」についての社会の要請が大きい以上、ある程度たたき台となる尺度の作成は求められていると言えます。

筆者は大きく分けてコミュニケーション能力をトレーニングする上では3つの視点から捉えていく必要があると考えています。


① 目的志向型なロジカルなコミュニケーション力

コミュニケーションが目的志向的な場合、論理性や説明する力、情報を生成し、整理し、まとめる力、自然科学的な思考が要請されます。例えば、SEエンジニアがシステムの企画を説明するには、プログラミングの設計を論理的に説明する力が必要になります。


② 人間関係を築くことを目的としたコミュニケーション力

人間関係を築くための飲み会や喫茶店などでは論理性というよりはむしろ情緒性が重要になってきます。人間は社会的生き物と言われます。社会的生き物とは、集団を形成し助け合うことで生存可能な生物ということです。そのため、多くの時間、人はお互いが信頼できる人間たるかを測るために、人間関係を築くためのコミュニケーションに時間を割いていきます。そのため仕事においても、プライベートにおいても、挨拶をしたり、感謝の言葉を話したり、飲み会などを通して人間関係を発展させていく力が必要になります。

 

③ 主観的適応状態(心理的)な安定

コミュニケーション能力は、主観的適応状態(心理的な安定)と密接な関係があります。例えば対人不安が強い状態では論理性や情緒性をうまく発揮できません。コミュニケーション能力を向上させるには、客観的に測定可能なスキルだけでなく、主観的に測定する心理面での安定が不可欠となります。

 

トレーニングの効果測定尺度について

その上では筆者は現代の社会人が「暫定的」に必要なコミュニケーションに関するトレーニングは、「メンタルヘルスの安定」「人間関係構築スキル」「ビジネス場面で必要なスキル」を必要と考え成人向けのトレーニング機関を作成しました。受講者が効果を測定しやすいように尺度を以下のようにまとめました。

 

環境努力指数

コミュニケーションに関するトレーニングは日常的な環境の整備や努力が必要になります。コミュニケーションに関する誤解として、一度勉強すればスキルが身につくと誤解されることがあります。しかし、コミュニケーション能力を向上させるには地道にコツコツ継続する必要があります。そのため一般的な尺度としてやや違和感がありますが、あくまでトレーニングのモチベーションを維持する上で、環境努力指数の項目を設けました。

 

メンタルヘルス領域

まずメンタルヘルス領域については、一般的に抑うつなどの尺度を使用することが多いですが、抑うつとコミュニケーションスキルはやや相関が低いと言えます。そのためソーシャルスキルと関連が高い、対人不安、孤独感を採用しました。

 

人間関係を構築する力

人間関係を構築する分野としてはソーシャルスキルが最も適切であると考えられる。そこでソーシャルスキルとして代表的な尺度を参考に、傾聴、発話、非言語力の3つの尺度を作成しました。

 

社会人基礎力

ビジネスの分野では人間関係を築くだけではなく、論理性やプレゼン力、指導力、交渉力などが必要になってくる。この部分についての尺度はあまり見当たらないため、社会人基礎力に関する尺度、筆者の経験に基づき尺度を作成しました。

 

当尺度の問題点

当尺度は、一般的な作成手順である、KJ法や因子分析を行っていないため、妥当性と信頼性に欠ける尺度となっています。あくまでコミュニケーションに近接する概念に関する尺度に検討を加え、学術的な利用というより、コミュニケーション講座の生徒さん向けの使用感のある尺度となっています。自然科学的には論拠が希薄なものとなっていることをご了承ください。

作成責任者 川島達史

 

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

*参考資料 
相川充・藤田正美(2005)「成人用ソーシャルスキル自己評定尺度の構成」『東京学芸大学紀要 第1部門』, 56, 87-93.  
相川充・藤田正美・田中健吾(2007)「ソーシャルスキル不足と抑うつ・孤独感・対人不安の関連:脆弱性モデルの再検討」『社会心理学研究』, 23, 95-103.
Argyle, M. (1981). Social competence and mental health.
松川禮子・大城賢(2008)『小学校外国語活動実践マニュアル』旺文社
諸井克英(1991)「改訂UCLA孤独感尺度の次元性の検討」『人文論集 静岡大学人文学部』, 42, 23-51.
諸井克英(1997)「セルフ・モニタリングと対人不安との関係に及ぼす認知欲求の効果:女子青年の場合」『人文論集 静岡大学人文学部』, 48, (1), 37-71.
Shannon., Claude E., & Weaver, W. (1949). A mathematical model of communication. Urbana, IL. University of Illinois Press.

 

当サイトはリンクフリーです


「心理テスト性格無料診断」の
他の心理テストを受ける
エゴグラム性格診断ストレス診断
社会不安障害診断自己肯定感・他者肯定感診断