ホーム > 心理テスト性格無料診断
>

ビックファイブ性格特性診断


ビックファイブ性格特性診断

人間の性格は様々なものがありますが、「外向性」「情緒安定性」「開放性」
「勤勉性」「協調性」この5つが一番大きな意味を持つことが心理統計的に確かめ
られています。ビックファイブ性格特性診断では、どの特性が高いor低いのか、
それが普段のコミュニケーションの中でどう反映されているか、などを学術的な
尺度で診断していきます。

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

BigFive(ビッグファイブ)理論とは?

みなさんはじめまして!臨床心理士の道又です。

皆さんは性格について、学術的な尺度で分析をしたことはありますでしょうか?占いや血液型診断ならしたことがある!という方は多いかもしれません。しかし、統計的に確かめられた尺度で診断をしたことがある方は少ないのではないでしょうか。

ビックファイブは人間の基本的な性格特性を表すものとして、統計的な検証がなされた指標です。世界中の心理学に関する論文で使われる、信頼性が高い指標となります。人間の性格は様々なものがありますが、この5つが一番大きな意味を持つことが心理統計的に確かめられてきました。

ビックファイブ性格特性診断 イメージ図1


5つの特性とは

5つの特性とは、「外向性」「情緒安定性」[開放性]「勤勉性」「協調性」です。

外向性・・・人とのコミュニケーションに対する積極性を表します。

情緒不安定性・・・他者とのやり取りの中での傷つきやすさ、気持ちの安定性や物事への態度などを表します。

開放性・・・どれくらい、新しいことに対してオープンかを示したり、想像力の程度などを表します。

誠実性・・・周囲の人や、物事に対する責任感や計画性がどの程度か、などを表します。

調和性・・・周囲に同調したり従ったりすることができるかなどを表します。

ビックファイブ性格特性診断 イメージ図2


診断で分かること

この5つの特性は、どんな人も持っている性格の基本となる部分ですが、高い・低いは人によってバラバラです。ビックファイブ性格特性診断においては、どの特性が高いor低いかをまず診断します。また、性格傾向によってもたらされる、コミュニケーションの長所や注意点などもお伝えします。

注意点を挙げるとすると、高いから良い、低いから悪いということではありません。人間の社会はそれぞれ個性があるからこそ豊かになりますし、面白いのです。

ただし、現在自分自身の在り方に問題があるな・・・と感じた場合は1つのヒントとして当診断を試してみると良いかもしれません。自分の強みは伸ばして、苦手なところは改善してみる。これからのコミュニケションライフがより生き生きしたものとなるよう、活用して頂けると幸いです。

ビックファイブ性格特性診断 イメージ図3


参考文献
Gough,H.G.,&Heilvrun,1983 The adjective check list mannual. 1983ed. palo Alto,C.A.

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

 

当サイトはリンクフリーです


ビックファイブ性格特性診断の注意事項
・当診断はビックファイブの入門として尺度が簡略化されています
・精度としてはあくまで参考程度となります
・概要として抑える程度として御活用ください
・当診断は精神疾患などの判別を行うものではありません


「心理テスト性格無料診断」の
他の心理テストを受ける
コミュニケーション能力診断エゴグラム性格診断
ストレス診断社会不安障害診断