ホーム > 心理テスト性格無料診断
>

自己肯定感・他者肯定感診断


自己肯定感・他者肯定感診断

自分を肯定出来ていますか?
また他人を肯定出来ているでしょうか?
コミュニケーションおいて自他を肯定することはとても重要。
ここではあなたの”自己肯定感”と”他者肯定感”を
見てみましょう!

アカウントを登録して診断ゲストとして診断

自己肯定感の重要性

コミュニケーションおいて、自分を肯定すること(=自己肯定感)、他人を肯定すること(=他者肯定感)がとても大事です。仮に自分を肯定できていない、つまり自己肯定感を持てていなかったとしたら、

・自信を持って意見を言えない
・コミュニケーションに消極的になる
・精神的に不安定
・卑屈になりがち

と言う問題が起こります。
自己肯定感が持てていない状態と言うのは
「こんな自分が人と話す価値があるのか」
という気持ちのままコミュニケーションをすることになります。
ですから、自己肯定感が持てていない、または、低い人ほど、他人から見ると謙虚に見えても、自分の心の中ではつらい状況になるため、
コミュニケーションに前向きになることができません。

自己肯定感・他者肯定感診断 イメージ図1


他者肯定感の重要性

また他人を肯定できない状態だと

・他人のネガティブな面を中心に見てしまう
・攻撃的に見られる
・他人に興味を持てず会話を楽しめない

と言う問題が起こります。

他人に対して否定的な世界観が強くなると、
「人と接しても楽しくない」
と言う状態のままコミュニケーションをすることになります。

こういった状態では会話も楽しむことができませんし、
相手に興味を持つことができないでしょう。
また相手からすると自分の短所を発見されるためとても居心地が悪くなってしまいます。

そのため、コミュニケーションをする上では、自己肯定感、他者肯定感を育てていくことが大事になります。

 

みなさんは現在どの程度、自己肯定感、他者肯定感が育っているでしょうか?
診断してみましょう!

自己肯定感・他者肯定感診断 イメージ図2


アカウントを登録して診断ゲストとして診断

 

当サイトはリンクフリーです


自己肯定感・他者肯定感診断の注意
*医療行為ではありません 
*診断結果は絶対的なものではありません。
 あくまで参考としてお使いください
*診断結果に対するアドバイスには学術的な論拠を大事にしつつ、ある程度は筆者の主観が入っています


「心理テスト性格無料診断」の
他の心理テストを受ける
コミュニケーション能力診断エゴグラム性格診断
ストレス診断社会不安障害診断